ロブスター / ヨルゴス・ランティモス

am 2:38 映画『ロブスター』を見終わった。独身者はある時期を過ぎると動物にかえられてしまう世界の話。ものすごい不条理な話だったが、映像は美しい。 am 2:40 遠くで雷の音が聞こえる。明日は雨の予報。コーヒーを入れなおそうか。

結婚

友人が結婚したとの知らせが届く。これはめでたい。お相手がチェコスロバキア人というので、最初はまた冗談かと思ったら式場などもおさえてるということで、さすがに本当らしい。冗談好きな人だったので、嘘かと思っていたが……。 大阪にある外国語大学を卒業…

忍耐

ロンドンから帰国した友人を訪ねて静岡県富士市に。ロンドン時代からしばらく疎遠だったが、フェイスブック経由で連絡がきた。すごい。 友人は、実家が製紙工場を経営していたお坊ちゃんだったのだが、富士市で、ゲストハウスを経営している。少し中を見せて…

コーネルの箱 / チャールズ・シミック

父の知り合いに紹介してもらった箱根の宿坊にこもって1日中、書き仕事をしていた。休憩中にアイスコーヒーを飲みながら、チャールズ・シミックのコーネルの箱を読み終わった。コーネルにインスパイアされた詩集。翻訳は、柴田元幸さん。コーネルの作品の写真…

箱の中のユートピア / デボラ・ソロモン

先日、DIC川村記念美術館で気になったジョゼフ・コーネルについての評伝。コーネルについて時系列に話が進んでいくと同時にニューヨークのアートシーンの記録ともなっていて、とても面白かったです。 コーネルは、過干渉気味の母親に抑圧され、かつハンディ…

下関に来ている

関門海峡を歩いて渡れるということで九州側からわたって下関についた。ランニングコースにしてる人がいて驚いた。結構あっさり渡れてしまって、こんなものかという感じ。下関でふぐを食べようと大学時代の友人と待ち合わせ中。もうすぐだ。

依存

依存の反対の言葉は技術なのではないか。そういう風にふと思いついて腑に落ちた。

書き仕事

1日中、書き仕事。何もアイディアが出ないが頑張って書く。この蓄積をいつか使える時がきますように。

幽霊

高松の知人の家の裏に小さな山があるのだが、どうやらそこに”出る”らしい。きれいな女の人らしいのだけれど、全体が薄く透き通っていて青みがかっているとのこと。この手の話は信じていないタチなのだが、話を聞いてたら寒くなってきてしまった。ふう。

東京・三鷹

東京に戻ってきて三鷹の仮の家にいる。昔からこの仮の家は何かに煮詰まった時などに逃げ込む避難所としてキープしてあったわけだけれど、最近は外国人の姿が近所に増えた。ジブリが人気が出てきたからというのもあるのだろうけど。 東京は1日通して雨が降っ…

頂上が見えない

愛媛県と徳島県との境目の近く、山の中にいます。自転車をこぎはじめて5時間。県境に向かうに連れて段々と道が険しくなってきた。大きなカーブをいくつか曲がってトンネルを抜けた場所にドライブインがあったのですが、空いていませんでした。ボロボロの小屋…

本当って何?

今日は仕事で愛媛県松山市にいる。早めに仕事が終わったので松山駅前にあった健康ランドで風呂に入った後、畳の上でごてっと横になってテレビを見ていた。地方に来ると面白いのがニュースの天気予報で東京にいる時とは出る地図が違うのだ。当たり前なのだけ…

雨降りの朝は

昨夜は取引先の人と朝5時まで飲んでいたので頭が痛い。箱根にあるホテルにいる。しとしとと降る雨音を聞きながら昼食を食べている。今日は代休。 ホテルのビュッフェラウンジには金持ちそうな老人の姿が何人かいる。湯治にでも来ているのだろうか。まあ、こ…

越後湯沢にて

越後湯沢に仕事で来ているのだが、昨夜は不思議な事があった。 越後湯沢であてがわれた宿は昔はスキー客目当てのホテルだったらしいが、今は簡易な宿泊施設として使われている建物だった。今の時期はあまり利用されていないようで、宿泊客は自分だけのようで…

パレード

仕事で秋田駅そばのビジネスホテルに居る。吉田修一の『パレード』の映画を見ているのだけれど、本当に心地いい映画。 あるコミュニティが出来て人数が増えると、暴力的だったり、常識を逸脱している人があらわれて、コミュニティが荒れる。だから規制が必要…

午前4時35分、鎌倉高校前

夜が明けて来た。ゆっくりと海岸を歩いている。風は結構冷たい。 今朝、自宅に届いた手紙について考えている。簡単な時候の挨拶だったのだけれど、内容が問題なのではなくて、手紙の主が7年前になくなっているということが問題だった。手紙の送り主の住所を…

超初心者がTOEICで50点すぐにあげる方法

今回の記事は、TOEICを一度も受けた事がないような初心者の方に向けてです。ものすごく細かい話になるのですが、リスニングパートのちょっとした工夫でTOEICの点数をとりやすくなる方法があります。 リスニングパートのPart3と4ですが、最初に、英語が話され…

英単語の覚え方

超初心者の人は単語帳を使って覚えるのが効率がいいのかもしれませんが、中級者以上は文章で覚えた方が良いです。なぜかといえば、動詞の場合に、自動詞なのか他動詞なのか、など文法上のルールを考える必要があったりと、時間の無駄だからです。覚えたい単…

無料で出来るライティング練習に便利なサイト(英検準1級対策)

英検準1級レベルだと自分はライティングをそんなには苦にはしていませんでした。ある程度の練習をしていたからですが、練習に使った便利なサイトがあるのでご紹介します。 lang-8という名前のサイトです。最近、有名になってきているので知ってる方もいると…

英検準1級(実用英語技能検定準1級)にお金をかけないで受かる方法

TOEICに比べると需要が少ないかもですが英検について書いてみようかと思います。自分は英検準1級は2013年に合格したのですが、TOEICと少し毛色が違うテストです。 1次試験と2次試験がありますが、1次で筆記とリスニング、2次で面接官とスピーキングのテ…

ネットで無料で手に入る英語リスニング用の素材について

TOEIC でAランク(860点)を獲得するのに大切な8つのことにも書いたのですが、リッスン&リピートの練習が語学力向上には有効です。 natu-rou.hatenablog.com 練習をする際にスクリプトと音声素材があると便利なんですけど、ネットで無料で手に入る素材って案…

TOEIC でAランク(860点)を獲得するのに大切な8つのこと

はじめに TOEICでAランク(860点以上)のスコアを持っていると就職や転職などで有利に働きます。自分が勉強していく上で感じた有効な点数アップの方法を記事にしてみました。 1→時間配分を常に意識する ものすごく当たり前なんですが、まずは、これです。 他…

みなさん、さようなら / 中村義洋

『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督。ひきこもりを、まんま描いたあまたのフィクションにつまんねーなーと思っちゃってたタチなのですが、家の中ではなく、団地の中にひきこもるという新たな手法に拍手。段々と高齢化が進み、団地から徐々に人が…

風立ちぬ / 宮崎駿

宮崎さんは全く物語を描かなくなったなあ、と今作でも思った。場面ごとの作り込みは素晴らしく、例えば、関東大震災のシーンがあるが、ジブリの作画力で綿密に表現されていたのが、とても良かった。 主人公の堀越二郎は飛行機を作る仕事をしている。部屋にこ…

言の葉の庭 / 新海誠

主人公の中学三年生、天沢聖司は、ヴァイオリニストになる夢を抱いている。一方、月島雫は……あ、これ違う映画だった。 さてさて、たいていの映画作家、アニメーション作家であるなら、主人公の高校生タカオが惹かれるユキノの人間性や魅力を書き込む為に、幾…

ザ・マスター / ポール・トーマス・アンダーソン

待ちに待ったポール・トーマス・アンダーソンの新作映画。主人公は戦争から返った兵士なのだけれど人と上手くやれずどこにいってもトラブルを起こしてしまう。実際に戦争から帰り過剰な環境に長くいたせいで何かが欠落してしまった人というのは当時のアメリ…

ヒッチコック / サーシャ・ガヴァシ

説明不要の映画監督、アルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』撮影時の裏話的映画。映画会社に反対されたり奥さんと色々諍いがあったりと映画作りも順風満帆ではないのだなあと色々興味深かったです。映画撮影の前に全員が手をあげて箝口令に従う旨を宣言す…

舟を編む / 石井裕也

石井裕也監督。中原昌也さんが珍しく日本映画を褒めていたので仕事終わりにするりと鑑賞。いやーこれ、良い! 古い日本家屋に学生時代から住んでいる馬締光也(松田龍平)の元に大家の孫娘である宮崎あおい演じる林香具矢が越してくるくだりとか、これどこの…

ベスト・キッド/ハラルド・ズワルト

『ベスト・キッド』のリメイクというよりは、初期『ドラゴンボール』の鶴仙流vs亀仙流の話をリメイクした感じ。筋もわかっていてお馴染み過ぎる話だし、万里の長城でわざわざ特訓したり、最後の技って練習で習ってなくないか? とか、突っ込みどころ満載なの…

 パーマネント野ばら/吉田大八

西原さんの描く世界は相変わらず好きだなあ。苦い現実があるけど女達は皆雄々しく生きていて、一見すると表面上は、たくましいのだけれど、母と娘がいなくなったある日に雄々しさがペロリと捲れて菅野美穂さんが寂寥感に苛まれるシーケンスにゾッとする。電…

ソラニン/三木孝浩

そんなに原作にピンと来てたって訳じゃなかったけど映像にされて見たら若さが痛々しかったー……音楽やってるフリーターが住んでる多摩川沿いの街並みがリアル過ぎ。昔、あの辺で一人暮らししてたし似たような生活してたから映画から個人の問題に飛び火して痛…

渇き/パク・チャヌク

吸血鬼になった神父が、いびられて日常に不満のある人妻とニャンニャンするっていう童貞の妄想みたいな映画。結構好きだった。後半になって話のトーンが変わりボニーアンドクライドなノリに。なかなか良。

借りぐらしのアリエッティ/米林宏昌

わっしょいわっしょい夏だ夏だ! という事でタダ券があったので、みんな大好きジブリの新作、『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。脚本と企画は宮崎駿だというものの監督は米林宏昌さんで、どうなのかなーと少し不安だったけれど、とても良かったで…

パリ20区、僕たちのクラス/ローラン・カンテ

岩波ホールにて。秀作。 ふらりと立ち寄ってみたら案外よくてビックリ。ドキュメンタリータッチのフィクションで妙な緊張感があった。ただタイトルがなー? 原題の『Entre les Murs』で『壁の間で』で良かったんじゃないのかなと。

ポトスライムの舟/津村記久子

恋愛の話ですらもなくプロレタリアっぷりに心がやられる。けど切り口がとても斬新であるし面白かった。

アウトレイジ/北野武

とてもわかり易いヤクザ映画。仁義なんてものは世界のどこにもなくて新鮮と言えば新鮮なのだけれど、これでいいのかな? 何本も撮っているだけあって絵はとてもこなれてきている。うーん、でも……。

 旅茶箱にて石田ゆうすけさん 第二回ヨーロッパ編

3月にあったトーク&スライドショーの第二回ヨーロッパ編。いつも何だか当日になるとダラダラしてしまい、ギリギリにいくのでまったく同じ席に座る羽目になってしまった。 印象に残った話を箇条書きで。 ・ポーランドで両足のないおじいさんが追いかけてきた…

 愛のむきだし/園子温

四時間に及ぶ長尺にすら短さを感じるくらい圧倒される。主演の西島隆弘さんも良かったのだけれど、満島ひかりさんが、こんなに凄いとは思っていなかったなあ。アクションシーンの切れの良さにビビる。さそり。パンチラ。 非常に悲しい展開だっただけにラスト…

 アバター/ジェームズ・キャメロン

非常に画面が綺麗。ああーこれは映画館でみるべきだった。 物凄く単純な事だけど、キャメロンは物語のルール作りがとても上手い。 物語の後半で、ヒロインのネイティリが森でAMPスーツ(変なロボットみたいなやつ)に乗った兵士達に追い詰められてピンチにな…

 ポニョはこうして生まれた。〜宮崎駿の思考過程〜

ポニョがどうにも良かったので、メイキング(5巻セットで12時間の長さ)も借りてみたのだけれど、ジブリの世界観は宮崎駿の人間に対する深い洞察と豊富な知識量に裏打ちされているというのが良くわかる。 ジブリの若いスタッフは、宮崎駿のある種の天才性や…

 崖の上のポニョ/宮崎駿

今更ながら見た。話のつじつまがあってないとか、ファンタジー過ぎるとか、気持ち悪いとか突っ込む人の気持ちもわかるし、指摘が的外れではないと思うけど、これ、そんな全てをうっちゃっていい映画だと思うのです。宮崎駿さんは凄い場所で戦ってる。 ハリウ…

 10年前の手紙

凹んでるわけでもないのだけれど、気持ちが沈静化している。1年に1回くらいの割合でメールボックスに溜まっている古い知り合いとのメール交換を読み返してみたりするのだけれど、読書と一緒で既読後に獲得した個人的な何か、か、その時の気分みたいなもの…

 レスラー/ダーレン・アロノフスキー

傑作。 80年代、圧倒的に人気のあった絶頂期をとうに過ぎたレスラーの生きざまをミッキー・ロークが熱演。過去に色々あった、ミッキー・ロークだからこそだよなあ。不器用な男の人生に涙。

 智に働けば蔵が建つ/内田樹

抜粋。 ルイ・ヴィトンのバッグの50%は日本市場で買われている 日本の消費者はファッション雑誌熟読のおかげでわずかなデザインやコーディネイトの差異のうちにきわだった違いを感知できるたいへんに差異コンシャスネスの高い人々である。 宮崎駿はそれにし…

 黒沢清の映画術/黒沢 清

映画術といっても、黒沢監督の個人史、自伝的内容。 ワンカットで幽霊を映す場合、間にいきなり写りこんでしまわないように遮蔽物をおく必要があるとか、幽霊と一発でわかるように服の色に気をつかうなんて話、『太陽を盗んだ男』に制作進行でかかわっていた…

 下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち/内田樹

気になったところだけ引用。 子どもが家族という最小の社会関係の中で、最初に有用なメンバーとして認知されるのは、家事労働を担うことによってだったわけです。 学校教育の場で子どもたちに示されるもののかなりの部分は、子どもたちにはその意味や有用性…

 女の子ものがたり/森岡利行

傑作。 『スタンドバイミー』と『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』を足して2で割り、女の子バージョンにした感じかな? 少し大げさに描いてあったとは思うけれど、地方から都会へ進学させる経済的余裕がない家庭に育った女の子は、厳しいんだなあ。…

早起きしてパンを買いに行くというフランス人チックな生活をしてるのですが、地元のパン屋で超美人発見。ここ半年で見た一般女性では一番だなー。ズキュゥン! ってジョジョだったら音がしてるわ。 最近、狂ったように映画を見続けてるのだけれど、昔に比べ…

 東京物語/小津安二郎

少し前のネプチューンの話だけれど、面白くなるかどうかって結局名倉にかかってたんだよな。ホリケンとタイゾーの暴走を名倉がどこまで許すか、どこで止めて突っ込むか、にかかっていた。 『東京物語』の上映時間136分の内、120分は全く名倉が画面上に存在せ…

 月光の囁き/塩田明彦

神保町の中古ビデオ屋で安く売っていたので購入。公開当時に見たかったけど、これ好きだなあ。Mな自分としては(?)、つぐみが魅力的過ぎて、感情移入。青春って痛々しい。 綿矢の『蹴りたい背中』の元ネタはこの辺でしょうか? 関係ないけど、本当に良い小…