歩いても歩いても/是枝裕和




 横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏川結衣)と息子のあつし(田中祥平)とともに実家に帰省した。15年前に他界した兄の命日の為に。失業していることを口に出せない良多にとって両親(原田芳雄樹木希林)との再会は苦痛でしかなかった。家族たち1泊2日の里帰りの話。


 本当に何も起きない日常を淡々と描いた系の映画だったのだけれど、とても、良かった。10代の自分が見ても、わからない話だったろうなあ。


 是枝監督に驚いたのは、男性である良多はモチロン、夏川結衣演じる妻のゆかりや、母親役の樹木希林という女性側の視点までしっかりと描けている事。ドキュメンタリー畑から映画界に来た異業種監督であって、変化球投手みたいなイメージがあったのだけれど、濃厚で緻密など真ん中直球のホームドラマを作れるというのは良い意味で裏切られた。
 
 後ろ向きな意味ではなくて、日常とか人間とかってスイーツな部分ばっかりじゃなくて、ほろ苦いビターな部分も必ずあって、それでもまぁ毎日は流れて行くし、いろいろな矛盾を孕みながら人間は生きてるのだよなあ。


 新年1発目から、なかなか良い映画。