テレビの断片

TBSにて『ドキュメント・ナウ』を見る。



路上生活者の特集。基本的にこの番組っていうのは、他のドキュメンタリー番組とは少し違って、トーンがどの企画でも「肯定的」なのだけれど、この回はかなり深刻な雰囲気。日本を取り巻いてる状況ってシビアと思わざるを得なかった。アルミ缶を売って生活している人が多かったけれど、アルミ缶の買取値段も下がってるって……どんだけって話だよなあ……。


こういう生活をしている人に対して、何を想うというのは無いけど、プライドを保つというのと、ガンコなのはまた違うのかな、と。正直、そう思った。

    • -

NHK教育にて『佐野元春のザ・ソングライターズ』。ゲストはKJこと、Dragonash降谷建志


自分のやりたい事をやってきた結果、ラッキーな事に90年代、ヒットにも恵まれた。感謝や仲間という言葉を曲の中で使ってきたけれど、フォロワーとして出てきた今のミュージシャン達が、とってつけたように「感謝」や「仲間」という言葉を使うのには少し責任を感じる、と。


SUPERCARいしわたり淳治のブログ*1にも書いてあるように、今の音楽ってちょっと病的な感じもするんだよなあ。