パーマネント野ばら/吉田大八



 西原さんの描く世界は相変わらず好きだなあ。苦い現実があるけど女達は皆雄々しく生きていて、一見すると表面上は、たくましいのだけれど、母と娘がいなくなったある日に雄々しさがペロリと捲れて菅野美穂さんが寂寥感に苛まれるシーケンスにゾッとする。電話ボックスで自分の気持ちを吐露するのはやりすぎだったかなーとも思いつつも、とても良かった。


 他に気になったのは、池脇千鶴さんが、ポッチャリしたのでは? と、相変わらず本人のやる気と反比例した小池栄子さんの割り振られた役のひどさ。可哀想に……。