みなさん、さようなら / 中村義洋

003

ヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督。ひきこもりを、まんま描いたあまたのフィクションにつまんねーなーと思っちゃってたタチなのですが、家の中ではなく、団地の中にひきこもるという新たな手法に拍手。段々と高齢化が進み、団地から徐々に人が居なくなる切なさ。

濱田岳演じる主人公と、団地の様相が徐々に変わって行く様子がリンクしていて、とても良かったです。